自分で出来る壁紙の掃除

 皆さんは壁紙に付いてしまった汚れをどの様にお掃除していますか?なかなか思うように綺麗にならないのではないですか。東京ハウスクリーニングお助け隊がその悩みを解決致します。まず、汚れの種類を確認する事から始めましょう。

 部屋全体のヤニ汚れ   部屋全体の油汚れ  部分的なホコリの付着汚れ    カーテンの裏側に付いた汚れ  クレヨンやボールペンなどの汚れ   テレビや冷蔵庫などの裏の汚れ  部分的に飛び散って付着した汚れ

 

こう考えてみると、単に壁紙が汚れているといっても色々な要素で汚れているものなのですねあせあせ(飛び散る汗) 汚れている原因が違うという事は、クリーニングの方法も違うという事になります。 

まずの部屋全体のヤニ汚れ!いきなり、すいません。ヤニの汚れはビニールクロスを侵食してしまい表面に染み込んでしまう為、ある程度は綺麗になるのですが壁紙のなんとなく黄ばんだ感じは、どうしようもありませんちっ(怒った顔) 

作業の方法としては、まず自在ホーキ(先が自在に動く細長いホーキ)などですす払いをします。はたきでは、広範囲にわたって広くホコリを落とすのは困難です。次にフローリング用のウエットタオルを取り付けられるモップに40度度くらいのお湯に家庭用の市販の酸素系漂白剤を適量混ぜ(換気を良くして、メガネなどで目を保護し、ビニール手袋を着用しましょう)雑巾を浸し垂れない程度に絞って先ほどのモップに取り付け、壁紙を端から順番良く一定方向に拭いていきます。ある程度拭いたら雑巾のヨゴレを確認して適時先ほどの薄めた洗剤ですすいで作業を繰り返します。天井の作業は床にビニールの養生をして目や衣服に洗剤が付かない様に注意して行います。これで、ある程度は綺麗になるはずです、ただし異常な位の汚れの場合は貼り替えをお勧め致します。

 

の部屋全体の油汚れは、1の作業の洗剤を家庭用の強アルカリ洗剤に変更してやってみて下さい。油汚れが、お部屋全体に回るという事はキッチンに面した部分のお部屋で換気扇の換気能力が低下している、または換気扇使用時に空気の入る部分が少なく(密閉されたお部屋で窓を閉め切った状態)でお部屋が負圧状態になり換気能力が低下した環境で、油料理をするとこの様な状態になりますちっ(怒った顔) クリーニング後はその状態の確認と改善が必要と思われます。

 

のヨゴレの質は、ほとんど同じです。掃除機などでホコリを吸い取り、黒ずんだ汚れをぬるま湯に中性洗剤を少し混ぜ、雑巾を浸し軽く絞って拭きます。その時に拭きながら歯ブラシなどで汚れの強い所をブラッシングすると効果的です。それでも落ちない場合は濡らしたスポンジに家庭用アルカリ洗剤を噴霧し(透明の洗剤)汚れの強い箇所をもみ込むようにこすります。ほとんどの場合この作業を2〜3回繰り返せばかなりの効果が期待できます。

 

のクレヨンはボールペンのヨゴレはDYIホームセンターなどに専用のグッズが販売されていますのでこちらを購入して試してみて下さい。こするような物はあまり無理をしてやりすぎますと壁紙を破いてしましますので注意が必要です。

 

のテレビや冷蔵庫、ステレオの裏に出来た黒いボヤケタヨゴレは電気製品の帯電によるヨゴレです。原因は壁に電気製品を近づけすぎてなる現象です。電気製品は壁から最低でも10センチはなして設置すると良いでしょう。このヨゴレはかなり手強いですちっ(怒った顔) まずホコリを掃除機などで良く吸い取り次に薬局などでオキシドールを購入して雑巾に染み込ませてもみ込むように拭きます。(換気を良くしてゴム手袋、防護メガネ、床などの養生は忘れずに)作業面が乾いたら繰り返し2〜3回行い仕上げに、ぬるま湯で絞った雑巾で薬品を良く拭き取り乾燥させます。この作業でヨゴレが落ちない場合はプロに依頼しましょう。薬品を使う為充分な注意が必要です。

 

の部分的に飛び散ったヨゴレはぬるま湯に中性洗剤を入れ、雑巾を浸し絞ったもので良くもみ込み直ぐにアルカリ洗剤を吹き付け、歯ブラシなどでブラシングして下さい。油の粒の様に笠高の付着したものは、いらなくなったクレジットカードの様な物の角を使い、こそぎ落とします。その後上記の作業をしてヨゴレを除去します。

 

以上が壁紙の汚れを、ご自分でクリーニングする簡易的な方法です。作業を試される方は諸注意をお忘れなく、怪我や破損の恐れがある作業もありますので、充分な注意が必要です。また、布製の壁紙は基本的にすす払い程度しか出来ないとご理解下さい、上記作業はビニールクロスの場合の作業方法です。

ご不明な点やお見積りは0120-117-4517 担当 西島までお気軽にお問合せ下さい。

 ご質問お問合せはこちらから